2018年07月06日

写真を飾ろう! 素敵な思い出をみんなで共有出来ます

写真を飾ろう! 素敵な思い出をみんなで共有出来ます

写真額フレーム.jpg
デジカメ・ケータイ・スマホで写真を撮る機会は多いですが、意外とプリントに残していません・・・
写真は、一緒にいた人と共通の思い出として心に残っています。
写真を飾ると、その時の記憶がよみがえってくるものです。
定期的に写真をかえるとより一層楽しくなります。
交換した写真はアルバムで保管。。。大切な「宝物」になると思います。

家族写真・恋人・友達・子供の写真。景色やおいしそうな食べ物もおすすめです。

写真プリントについてのお問い合わせは、当店スタッフまでお気軽にご相談下さい。

写真店:フォトクリッピング photoclipping.com
東京都北区田端新町3−23−12CFビル1F(荒川区東尾久・西尾久地域もご近所です)
posted by 店長 at 09:20| 写真関係のこと、その他雑記 | 更新情報をチェックする

撮影した写真データのプリント時、色補正について

撮影した写真データのプリント時、色補正について

最近のスマホ・デジカメはきれいに撮れるよう良く出来ていますね。
オート(自動)の設定に合わせておけば、大概のものはきれいに写ります。

また、プリンターも写真画像をきれいにプリント出来るように自動調整してくれます。概ね良いプリントが仕上がります。

しかし機械もまだまだ完璧ではありません・・・
デジカメで撮った時、色が少し変だなと思った事がある人は多いと思います。原因は、撮影場所の光源に影響しているからです。

特にオレンジ色の電球色や蛍光灯の青白い色により写真の色のバランスを崩す事が多いです。金屏風、青い海と青い空、新緑の緑いっぱいの撮影環境において、周辺の色の影響で人物の肌や景色の色がやや自然な感じが損なわれ事もあります。

デジカメやプリンターの自動の色補正でも直しきれないこと多いです。
そこで、人の手を少し加える事により、もっとよりきれいにプリントが出来ます。

写真のプリントする際の色補正は、色の三原色、シアン(藍色・緑青系)・マゼンタ(赤紫系)・イエロー(黄)と濃度(明るさ・濃さ)で調整しています。

標準の写真画像を元に、カメラで直しきれない色を目で見ながら
シアン、マゼンタ、イエローの色をプラスもしくはマイナスをして調整します。そうする事により、自然な感じになっていきます。

当店では1枚1枚色調整をしながらプリントをしております。
元画像を大きく補正をしてしまうとかけ離れた写真になってしまうので、
少し手を加えさせて頂いて、自然な感じになるよう心がけて作業しております。

お客様のご指示で、シアン・マゼンタ・イエローの色調整も出来ます。
もちろん、色補正しないでノーマル仕上げも可能です。
色に関しての詳細はスタッフまでお気軽にお問い合わせ下さい。

※シアン(藍色・緑青系)の対色はレッド(赤)、マゼンタ(赤紫系)の対色はグリーン(緑)、イエロー(黄)の対色はブルー(青)です。
例えば、イエローをプラスすれば黄色が強くなります。逆にイエローをマイナスすれば青っぽくなります。三原色の色のバランスを見ながら調整すれば、よりきれいな仕上がりになったり、アートっぽい写真に変化させる事も可能です。

詳細は、店舗スタッフまでお気軽にご相談下さい。

写真店フォトクリッピング photoclipping.com
東京都北区田端新町3−23−12Cfビル1F(荒川区西尾久・東尾久地域もご近所です)
posted by 店長 at 08:43| 写真関係のこと、その他雑記 | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

スマホ・ケータイ・デジカメ等で撮影した写真データの保存方法について

スマホ・ケータイ・デジカメ等で撮影した写真データの保存方法について

スマホ・デジカメが主流になった今、撮影後はプリントをしないでスマホ・デジカメの中に保存したままの方がほとんどかと思います。

デジカメが普及し、スマホ・カメラ付ケータイが増え、携帯ゲーム機にもカメラが付いています。このようなことから、今の時代撮影ショット数は莫大に増えています。この撮影した膨大な写真データの保存、管理はどうしたらよいのでしょうか?

(保存例)
・デジカメのカード(メディア)が一杯になったら新しいカードを購入してカードで保存管理する。
・パソコンのハードディスクや外付けハードディスクで保存管理する。
・CD・DVDのディスク、USBフラッシュメモリ等に入れて保存管理する。
・インターネットのクラウド保存サービスを利用する。

写真にプリントしておけば、データが消えてもプリントからデータ化出来ます。
目視できる現物の写真をアルバムで保存が1番安全なんですが、ある程度のコストが必要です。また、保存する場所も必要です。なので、デジカメの写真データは、二重で保存することが安全・安心と思います。

(安心の保存例)
・SDカードとパソコンのハードディスクで二重で保存。
・SDカードとCD、DVD、フラッシュメモリで二重で保存。
・パソコンのハードディスクとCD、DVD、フラッシュメモリで二重で保存。
※最近では、ネット上にクラウドデータ保存サービスもあります。ネットと自前で二重で保存。

どちらかの片方が事故でデータが消去してしまったときでもバックアップが出来るので、
再度のコピーが可能です。大切な思い出写真は大切に保存管理する事を心がけましょう。

データの消去事故は、日常的に多く発生しています。
スマホ・ケータイの水没・スマホのアップデートトラブル・パソコンのハードディスクのクラッシュ・
CDやDVDの記録面の表面傷による読込不良・デジカメメディアの静電気や衝撃によるデータ消去等です。
原因不明の事故も多いのでバックアップは定期的におこないましょう。

当店ではデジカメデータのバックアップサービスをしております。
撮り貯めたデジカメのメディアからCD・DVDにバックアップ(インデックス付)や記録済みのCD・DVDからのインデックスプリント作成も承っております。

質問等ございましたらお気軽にスタッフまでご相談下さい。

写真店フォトクリッピング photoclipping.com
東京都北区田端新町3−23−12CFビル1F(荒川区西尾久・東尾久地域もご近所です)
posted by 店長 at 09:41| 写真関係のこと、その他雑記 | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

写真データファイルの保存形式(拡張子:jpg・tiff・row等)について

写真データファイルの保存形式(拡張子:jpg・tiff・row等)について

デジカメの写真保存形式はJPEG(ジェイペグ)という拡張子がついています。現在では、最も一般的な写真画像の保存形式です。

JPEGとは、Joint Photographic Experts Groupの略です。
このグループ名がそのまま名称に使用されています。

※JPEG = JPG

写真の画像データ量は大変大きいので、扱いしやすいようにデータを小さくする必要があります。データを圧縮して小さくして、なおかつ見た目はきれいなままにしたものがJPEGです。

加工保存を繰り返したり、圧縮を高めて保存すると画像は劣化します。
劣化した画像は元に戻りませんので注意です!

当店にて、受付出来る写真プリントは、JPEGの保存形式からプリントを承っております。
写真のデータを加工したあと、お店プリントするときはJPEGで保存していただいてからお持ち下さい。
JPEG以外の拡張子でお持込の場合、スタッフまでご相談下さい。

デジタルカメラの画像の保存方式は、上記のJPEGと下記のTIFFとROWが一般的です。

※TIFF(ティフ)とは、圧縮されていない画像形式のこと。画像を劣化させることなく保存が可能。画像データファイルが大きいのでパソコンのスペックを上げないと作業に時間がかかるので注意!
※ROW(ロー)とは、生データの意味。カメラの撮影素子で出力されるデジタル信号をそのまま(生)の状態で保存した画像形式。一眼デジカメには装
備されている。生データ(加工前)なので現像(レタッチ)が必要。調整後TIFFやJPEGに保存してプリントアウトする。データはTIFFより重いので注意です。

詳細は、店舗スタッフまでお気軽にお問い合わせ下さい。

写真店フォトクリッピング photoclipping.com
東京都北区田端新町3−2−32CFビル1F(荒川区西尾久・東尾久地域もご近所です)
posted by 店長 at 09:19| 写真関係のこと、その他雑記 | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

写真のプリント方式 現像式(銀塩・銀写真)について

写真のプリント方式 現像式(銀塩・銀写真)について

銀写真プリントとは、写真用印画紙を現像液で作成(プリント)したものをいいます。

銀写真・・・写真業界で作ったユーザーアピールの為の造語
銀写真プリント.jpg
「銀写真プリント」の定義は、支持体上にハロゲン化銀と発色剤を含む写真感光材料に露光した後、現像処理して得られた写真プリントのことをいいます。わかりやすく言うと、印画紙を使用した現像方式プリントの事です。一般的に銀塩式プリントとも呼ばれています。

銀写真の特長は、変色が少なく長期保存性に適しています。
粒子が細かく画質が良い。優れた色調表現力。などが挙げられます。

※写真には銀写真方式以外のプリント方式もあります※

・インクジェット方式
シアン・マゼンタ・イエロー・ブラック等のインクを使用してプリントを行う方式
家庭用プリンターの主流
コスト、画質、保存性など近年改善されてきている。
染料系・顔料系がある
※近年業務用のインクジェット方式の進歩が著しいです。

・昇華型方式(昇華型熱転写方式)
ドット1つ1つで色が表現できる。
高解像度を保ちながら細かい諧調表現が可能。
家庭用で小型タイプの写真専用プリンターとして普及してきている。
家電店、スーパー等の店頭に設置されている事が多い。(キヨスクプリンタとも言われている)

◎現段階では、画質・保存性・仕上がりの質感等で考えると銀写真方式に軍配が上がります。
当店では、銀写真(銀塩現像方式)プリントを採用しております。
写真屋さんならではの高品質の写真もまだまだ健在です。
思い出が色あせない銀写真プリントをどうぞご利用下さい。

詳細は店舗スタッフまでお気軽にご相談下さい。

写真店フォトクリッピング photoclipping.com
東京都北区田端新町3−23−12CFビル1F(荒川区西尾久・東尾久地域もご近所です)
posted by 店長 at 10:27| 写真関係のこと、その他雑記 | 更新情報をチェックする